Daily Archives: 2015年1月24日

冷え性や肩こりを身近な物で改善!〜家庭で作る陳皮

以前、メルマガでお家のお風呂を簡単に炭酸温泉にしよう!
ということであるものを3つ混ぜるだけで体がぽかぽかになる方法を
お伝えしました。

■ ご案内 ■
誰にでもできる 「 楽しいスピリチュアル 」 を
お伝えするメルマガはこちらから
 

メルマガ読者の方から「気に入って入っています。とても気持ちイイですね♪」
と感想を頂きました。

炭酸温泉は1回30円くらいなのですが
今日はお金をかけないで、ぽかぽかにかる方法を。

それは「みかん」
お金をかけないと言ってもみかんは必要ですが、
今まで捨てていたみかんの皮をただ、干すだけ。

いわゆる「陳皮」の作り方。
新聞紙、キッチンペーパーの上に並べて天日干し。
固くなってポキッと折れるくらいカラカラになるまで干します。
a0028694_1551727

後はお茶パックに入れて浴槽に浮かべるだけ。

香り成分であるリモネンやテルピネンなどの主成分が溶け出し、
毛細血管を広げて血行を促進し、冷え性や肩こりに効果があります。
白い部分に含まれるポリフェノールの一種であるヘスペリジン
(みかんの皮やすじ白い部分に多く含まれます)も毛細血管を強くし、
血流をよくすることで冷え性や肩こり改善の
効果があります。

時間の無い時は足湯も。

洗面器や容器に少し熱めのお湯をはります。
目安は最低でもくるぶしよりも上。
くるぶしあたりの静脈は太いのでここを温めると
陳皮が毛細血管を広げ、足湯だけでも徐々に全身が温まり、
みかん(柑橘系)の香りとともにリラックス。

ポイントとしては気になる方は、陳皮を作る場合、
食べる前にお湯で皮に付いているワックスをよく落とすこと。
入浴と共に飲むこともできます。

もともと陳皮は漢方の成分。
七味とうがらしの成分のひとつとしても利用されています。
お湯を注ぐだけで出来る香りのよい陳皮茶は
風邪予防や胃腸の働きをよくします。

また成分であるヘスペリジンはむくみ予防やコラーゲン合成促進効果もあり、
女性にはうれしいですね。

■ ご案内 ■
誰にでもできる 「 楽しいスピリチュアル 」 を
お伝えするメルマガはこちらから