Daily Archives: 2020年9月15日

アロマが認知症に与える効果と使い方について

認知症を緩和する上でアロマが役立つという報告が数年前、話題となりました

今回はアロマと認知症ということで、お問い合わせもあったので、
まとめてみたいと思います

鳥取大学医学部によって実施された研究で、
アロマの刺激によって認知機能が向上する可能性があることが明らかになっています

その仕組みとして

五感のうち、嗅覚のみが脳幹を介することなく、直接大脳へ伝えられます
その大脳辺縁系の中に
匂いを情報として感じとる働きのある部位、「嗅覚野」があり、
記憶を司るといわれる「海馬」と密接に近い位置にあることから、
匂いをかぐことにより、嗅覚野が刺激され、
その刺激が海馬まで届いて記憶が想起される可能性が分ってきました

なぜなら認知症やアルツハイマー病などは、海馬のダメージを受けることで発生し、
その場合、最初に嗅覚障害の症例が多くみられることが分っています
その理由を追っていくうちに、
「臭いを感知する神経と海馬が密接に関連している」可能性が浮かび、
逆転の発想で、アロマの香りで嗅覚を刺激すれば、
密接に連携している海馬も活性化されることにより、
認知症予防や認知機能の改善・向上につながるのではないか?と考えられたのです

いくつかの実験から、認知症を緩和するのに役立つアロマは

昼…集中力を高め、記憶力を強化する「ローズマリー」と「レモン」

 

昼用 ローズマリー 2滴

   レモン    1滴

★ 午前中に 2時間以上嗅ぐことで
  交感神経を刺激し脳を活性化してくれます

夜…心身をリラックスさせる鎮静作用の高い「ラベンダー」と「オレンジ」

 

夜用 ラベンダー  2滴

   オレンジ   1滴

★ 就寝前1時間以上前から、2時間以上嗅ぐことで
  副交感神経を刺激してリラックスを促してくれます

★★ 分量はあくまでも目安です

昼間はアロマペンダントに入れて香りを持ち歩いたり、

夜はディフューズしたり、ハンカチやティッシュに垂らして香る方法でも十分に効果的です

ディフューズの場合はそれぞれを倍の4滴と2滴とかにされて利用されるとよいでしょう

ローズマリー のお求めはこちらから

レモン のお求めはこちらから 

ラベンダー のお求めはこちらから

オレンジ のお求めはこちらから

___*____*____*____*____*

フランスではアロマテラピーは

1 長年使われていて安全性が高い
2 濃度が高く、効果的に嗅神経を刺激して上げる

という利点から、200年以上の歴史があり、
ドイツでは医療として広く、認知もされている療法です

昼間は交感神経を優位にして脳を活性化させ、
就寝前は副交感神経を優位にして、活性化された脳を鎮め、
リラックスさせることにより、自律神経を整えてくれるので
昼夜が逆転していたり、徹夜明けや眠れない時など、
サーカディアンリズム(一日の昼夜のバランス)が
崩れている場合にもおすすめです

昼・夜でアロマを使い分けることで、1日の生活のメリハリもサポートしてくれます

___*____*____*____*____*

★アロマを使用する際の注意点

化学合成で造られた似たような人工の香りではなく、天然の植物から抽出したものを使うこと

妊娠中の方、高血圧の場合はローズマリーの使用を控えてください
(またはお医者様とご相談下さい)

病院での処方薬と違って、即効性や誰でも同じような効果があるとは断言できませんが

セルフケアの一環として、取り入れてみるのもおすすめです

実際、花の香りに癒されたことはありませんか?

アロマ自体が嗅ぐだけで、リラックスしたり心を和ませてくれるので、

香りを日常生活にうまく取り入れることで、

より1日を心地よく過ごすことが出来ます

知り合いの方もこの2-3年、実践されています


ワクワクのブレンド・アロマなどはこちらから♪
  
カテゴリーごとに分かれています