心地よいことに意識を合わせると世界が変わる

By | 2018年10月29日

 
先日の個人セッションでは、街で人込みや電車の中、スーパーやバスの中など、
外に出ると自分の側にいる人の怒りや悲しみ、
その人の心の中の悪しきドロドロした感情や考えを感じて苦しい、、、
という相談でした
 
同じものではないですが、例えていうなら、こんな感じ
 
「旦那の稼ぎが悪いから、こんな生活、、、お前のせいだ、もっと働け!!」
「仕事場で、まったくやる気ある?みんなどうしてこんなこともできないの?」
「あなたがそんな風に育てたから、夫はこんな風になってしまったのよね、お義母さん!」、、、、
 
だから家の外に出るのも億劫というより、辛い、、、
 
でもどこか大変と話しながら、
その感覚にどこか酔いしれているような感じもするし、
何よりもどこかジャッジしているのです
まるで裁判官が判決を下すかのように、、、
 
話を聞いているうちに、自分の方が話についていけないというか
実際にご本人が何に悩んで、何をどうしたいのかよく分からなくなって来ました、、、
というのも、そういう状況にありながらも、どこへ向かっていきたいかという
視点・感覚を持ち合わせていないことの方が、実は
 
そういった感覚そのものを否定はしないし、共感覚が発達しているからという場合もあれば、
オーラの境界線があやふやで、他人とのエネルギーと交ってしまうスポンジ体質だったり、
無意識にエネルギーを感じたり、なんとなく読み取っている場合など、、、
理由はいろいろとあります
そんな感覚は例えていうとラジオの周波数みたいなもの
だから同調するのって、自分にもどこか同じような認めたくない部分があることも多いものなのです
なのでありありと感じれば感じるほど、感覚の発信元がどこからなのかとか
その相手に批判を向けるのではなく、自分自身に意識を向けてみることも大切なことが多いのです
 
何でもかんでもむやみやたらに自分のエネルギーや意識の領域に
堰を切ったように流れ込む場合は別として、
もしその感覚がその時にだけ、わりとありありと感じるものならば、
そういう(自分にとってネガティブと思えるような)考え方、性質の人だとして
そんな人が(人でも)、楽しいと思えることって何?
うれしかったり、好きなこと、夢中になれることって何?
ってそんな風に考えたり、自分の意識や周波数を向けてみたら?
 
そう言うと、その方はきょとんとしたような顔
 
さらに、もしそうであったとしても、そうだからこそ、
そんなように思える人に対して、自分はどんなことができるのだろうか?
自分は何を提供してあげられるのだろうか?
そう考えてみるのも、1つのあり方なのでは?
 
そう言うとますます、目が点になっていくようでした
 
そういう発想がまったくないと、~された、~されているとただただ受け身や被害者の立場になってしまいます
ドロドロとした相手の思考・感情が伝わって来るあまり、辛いとか怒りを超えて、
何で私だけが?とむしろ鬱憤のようなものが渦を巻いています
 
1つずつ、セッションでそんな第6チャクラやハートチャクラのクリアリングや、
感覚を拾っていたアンテナのように見えるチャネルにあるエンティティを
取り除いていくと、何か箱のような物が見えてきました
 
外は汚れて。中にも灰色のモヤや胞子ののようなものがぎっしり、、、
カビだってあっという間に増殖していくもの
 
自分の物とも相手の物とも分からないまま、封印したいものがエネルギー体として
ぎっしりと層のように折り重なっているかのようでした
クリアにしていくと、きれいな白磁の壺のようなものがハートから浮かび上がってきました
 
とてもうっとりするようなきれいな飾りのついた透き通るような艶やかな白磁の壺
 
喜びや愛や、感謝や希望など、大切に丁寧に詰め合わせしたいはずの空間に、い
つの間にか周りからの愛のない言葉や対応から、いろいろなものに希望を彼女はなくしていたのでしょう
 
ついつい身に付けてしまって要らないエネルギーが、
いつもグレーのモヤやコールタールのように見えます
 
でももう、手放すべき時期が来たものをクリアにしていく事で、
もっともっと自分に好きなこと、うれしいこと、感謝したいこと、
喜びや愛を注いで熟成していく事が出来ます♪
 
そう、
 
人の嫌なことがやけに目についてイライラしたり、
ツイテついていないなぁって思う日々が続いたり
ついつい、良くないことばかり考えてしまう時、
 
特にあれ?と思ったり、自分でもどうしたのだろう?、
変だよなぁって思うときほど、要注意!!
 
昔のダイヤル式のアナログなラジオのスイッチのように
自分の思考やエネルギーの周波数が微妙にずれていたり、
つなげたいと思っている所とつながった所が違っていることもあるのです
 
「意識の使い方」、「意図の使い方」ってシンプルだけど、奥深いですよね
 
不安になるときほど、意識の向かうところよりも「ベクトル」
意識の向かい方、向おうとしている道筋を観察・感じてみてください
 
 
お客様もエネルギーがすっかり入れ替わっかのように、すっきりとした表情に
 
意識が入れ替わった瞬間ですね♪

心地よいことに意識を合わせることを意図すると、
同じ出来事でも受け止め方や引き寄せるものが、
どんどん喜びの波動に満ちてきます

心地よいことに意識を合わせると世界が変わります