秋分の日に気づいた、うれしい発見

By | 2021年9月26日

先日、例年よりも早く咲いた金木犀

甘い香りを数日、楽しませてくれ、穏やかな風の日は

部屋の中まで香りが漂ってきたのですが、先日の台風で

半分以上散ってしまい、ダメージも大きかったのか、

その後も2-3日かけてポロポロ、残りもほとんど

散ってしまいました

今年もあっけない束の間だったかな?

そう思っていたら、先日の秋分の日

日差しもまぶしい真夏日のよう

何か「間違いを探せ!」みたいな違和感を感じて、

しげしげと花の散った跡を見てみると、、、

また、花芽をつけているようです!!

そう、金木犀は秋口に季節外れの暑い日が続くと

二度、花をつける時があります

いつもは花の咲いた後、暑い日がぶり返して

冷え込むと、ささやかに二度咲きするのですが、

今年はもしかしたら、さらにたくさん咲くかもしれないのです

というのも梅雨の大雨、夏の台風、冬の積雪で、

樹の上を走る電線に引っかからないよう、ただそれだけの理由で

毎年選定をするのですが、今もって適切な時期を知らないので、

いつも自己流

だいだいGW頃が目安

でも庭師の方が3月頃、剪定するのを見たりと、

正解がわからない状態

そんなこんなで今年は3回切り詰めたから、今年の花付きが

悪かったのかなぁと思っていたのですが、、、、

この辺りは金木犀の開花時期は例年、10月頭前後

ということは、、、、

先日の開花が気の早いフライングで、もしかしたら

これからが通年通りの本格的な開花となるかもしれません♪

どうぞこれが新しい枝芽でなく、花芽でありますように

うれしい発見に心躍る一日でした♪