こだわりを手放すと出会う、うれしい世界

こどもの日に、パッケージは同じなのに別のコーナーに並べられ、

何が違うのか疑問に思ってしげしげ眺めると

表の印刷の色味が違うことに気が付きました

そう、見つけたのです

粒あんの白いかしわ餅!

うれしくなって口にほおばると、、、

甘~~い!!

まるで頭に電流が走って、目からフラッシュが焚かれたかのように

目の前がパッと明るくなりました(笑)

すごく甘いものを口にした時、時々脳裏に衝撃が走る時があります

砂糖?

何の甘さかパッケージを確認したら、、、

メインはさとうきびの甘さでした!

コクのある深みの甘さと力強い粒あんはパンチがありすぎる

そこで初めて気が付きました

原材料を見ると、もちは上新粉から作られているようです

あのかしわ餅の上品で柔らかな口当たりには、

やはり「こしあん」の方がピッタリ!ですね

自分的にはちょっと物足りない感じもしますが、だからこそ、

ついもう一つ、もう一つと手が出るのでしょう

口当たりのよさと軽い広がる甘さ

安定の定番商品には、定番となるだけの理由があるのですね

食べもの場合は、定番を「人気」と置き換えていいのかも知れません

「何かその先」、「何か目新しいもの」をつい、求めてみたくなったり

「自分の好み」を優先しがちになりますが、その好みも考えてみれば

過去の自分が作ったもの

そんな思い込みをちょっと緩めたり、嗜好・こだわりを今にアップデートしてみると、

うれしい発見や世界が広がりますね

深呼吸をしながら、自分を狭めている思い込みを手放すことを許可してみましょう

世界が広がったり、うれしいギフト、新しい自分に出合えますよ!

もし、日常で何か息苦しいと感じるようなことがあったら、

そんな自分の可能性を狭めている、今まで気づいていない思い込みや

枠を手放してみませんか?

keisen123