聖火と火の女神の祭壇

By | 2021年7月11日

東京の聖火リレーは3日目ですね

本来なら、3月に発表された情報では

聖火リレーは駒沢公園から出発して

都庁前の都民広場までのルートを走る予定

楽しみにしていたのは

東京スカイツリーの(屋外)展望台や

隅田川沿い、

豊島区のトキワ荘マンガミュージアムの中も走ります

なんでも、東京スカイツリーでは、一般には見学できない風を感じる

外の展望エリア(ガラスのないオープンエリア)を走り、

隅田川沿いでは走るのではなく、日本泳法で(仰向けで?)泳いで聖火を繋ぎ、

トキワ荘では、確かここは土足厳禁なので、シューズを脱いで

ランタンに持ち替えて建物の中を走るなど、

画期的なルートが創意工夫されていました

そういえば、シドニー五輪(2000年)では聖火を、

グレート・バリア・リーフの海中を泳いでつないだのは斬新でしたね

 

先日、レムリアンの友人と話をしていたら、

滋賀県では西川貴教さんが雨にもかかわらず、走ったそうです

また、茨城県では研ナオコさんも聖火ランナーを務めたそうです

頭が下がりますね

 

オリンピック開催期間中は、世界中で戦争や紛争を起こさないという不文律や

元々、(東日本大震災の)復興五輪という性格もあったのですが、

いささか分が悪い形になりました

個人的にはどうしても開催するなら来年か、2024年の開催も良いかなと思うのですが、

すでに2024年はフランス・パリでと決まってるし、

選手の方も伸びてしまうと、肉体のピークとモチベーション、

そしてコンディションなどの調整が大変ですね

 

それにしてもも個人的に危惧するのは、人流という意味で、

世界中から人が集まってくることで、ウイルスのカクテル反応というか、

変異の振れ幅が大きくならないか、心配です

 

聖火は、 英語でTorch , Olympic Flame , sacred fire というそうです

古代ギリシア・オリンピック発祥の地には、炉の女神ヘスティアやゼウスの祭壇に火がともされていたとか

現在ではオリンピア・ヘラの神殿の前で、凹面鏡を使って太陽から女神ヘスティアを祀る11人の巫女が

採った火を開催地までつないでいくそうです


     (これらは直近のオリンピック歴代のトーチです)

いろいろな思いを乗せた聖火

その思いが無事、つながれていくよう、そしてコロナの収束も願って

火の女神のミニ祭壇を飾りました


  

シフトの波を超えていくサポート
レムリアン・ヒーリングⓇ個人セッション

レムリアの女神とご縁を深めませんか?
メッセージを受け取るシークレットが満載です!
オンラインzoom講座も受付中!
レムリアン・カード・リーダー養成講座
  


女神のチャネリング・セッション
 
エンジェルカード・セラピスト講座
 
レムリアン・ヒプノ・セラピー 

レムリアン・ヒーリング®認定講座

レムリアン・マーメイド個人セッション

【zoom対応もいたします】
個人セッション、プライベート認定コース開催など
  zoomでの対応もいたします
  お問い合わせ・開催リクエストはこちらからお願いします♪

メルマガのご登録はこちら 

新月におすすめアロマ ドリームキャッチャー♪
豊かさを引き寄せ、満月におすすめアロマ
「アバンダンス」
光を取り入れるサンキャッチャー