オリオンと古代エジプトと六芒星 

By | 2017年10月21日

レムリアの女神の愛と祝福 ~ ミラクルをかなえる幸せのチャネリング

レムリアン・アルケミスト
リュミエール ひろし(HIROSHI)です

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 オリオンと古代エジプトと六芒星 ♪

 

皆さんのエリアでは台風の影響はいかがですか?

こんな厚い雲の上では今、たくさんの流星が、
いつにもまして高速で流れています。

オリオン座流星群は流星群の中でも2番目に高速で流れると言われています。
それだけ具現化の力もスピードの力もパワフル!

しかもオリオン座流星群は比較的明るく、尾も長く引いていくので
あっという間のことではあっても、比較的見つけやすかったり、
東の空を凝視しなくても比較的気が付きやすいと言われています。

エジプト絶対三神「オシリス」と「イシス」と「ホルス」

オシリスはオリオン星に、
イシスはシリウス星に
ホルスは太陽神であることから太陽系地球に例えられるといわれています。

そのオリオン座中央の三ツ星配列は、ギザの3大ピラミッドの配列に例えられ、
クフ王には大回廊、中央の王の玄室、王妃の間、地下の間とともに
重力軽減の間が有名。

カフラー王には葬祭殿があり、傍に寄り添うスフィンクスがとても有名です。
実はこのスフィンクス。
あまりにも有名で、まるで寺院の仁王像や狛犬のような感覚でいましたが
実は全く別の起源要で、ピラミッドとセットなのはここだけなのだとか。

メンカウラー王のピラミッドには参道も存在し、周辺の遺跡と併せて
世界遺産にも登録されています。

そしてオリオン座のペテルギウスはシリウスとともに冬の大三角の一つ。

3、3、3、、、、
何だか重なると六芒星(ダビデの星)を連想してしまいます。

そんな古代エジプトの叡智とエネルギーをオリオン座が転写し、
その一かけらを流星に載せて今年も私たちの頭上に出現する、、、

そう考えるとワクワクしませんか?

今宵はその一番活発となるポータルが開いていきます。

 
 「パートナーシップ」にテーマが当たる

木星のさそり座時代の幕開け
一番最初にたくさんの流星が表れるという10月21日は
これからの一年を占う注目の日。

恋愛
パートナーシップ
人間関係
お金と仲良くなる(金運) etc

チャンスを活かしていくことによってソウルメイト、
そして人生の展開の流れを加速させていきましょう!!

ソウルメイトヒーリングの詳しい説明はこちら

■ お知らせ ■